04

群馬銀行アプリ UIデザイン

SCSK様

地元への愛着を感じ、常に寄り添っているような今までにない地域密着型銀行アプリの開発

地方ならではの特徴を踏まえ、常に愛され、これからも愛され続けられる銀行アプリの開発を目指す。地方銀行に対して愛着を持ってもらうためのUX設計から、アプリだからこそ実現できる利便性を設計し、デザインまで落とし込みました。

SOLUTIONS
FLOW

  1. Step
    01

    企画

    既存アプリの課題をもとに、課題を解決させるためのソリューションアイデアをワークショップにて抽出しました。地元に住むユーザに親しみを持ってもらうための群馬銀行としてのブランディング要素を洗い出しました。また、地方銀行地方銀行を活用するユーザのユースケースを洗い出し、愛着化させるための要素をユースケースに組み合わせることにより、地方銀行を活用するための新たな体験価値となる体験シナリオを設計しました。

    Output

    • アイデア抽出ワークショップ
    • シーケンスモデル
    • 体験シナリオ
  2. Step
    02

    UI設計

    体験シナリオを実現させるための機能要件定義をおこない、更に地域に密着した情報配信などを提供することで、アプリの定着を促す仕組みとなるタッチポイントの設計をおこないました。

    Output

    • 機能要件定義
    • ワイヤーフレーム設計
    • 画面遷移設計
  3. Step
    03

    UIデザイン

    群馬銀行のブランディング要素を抽出し、それらの要素を踏まえつつ、地域の人たちに対して親しみの持ちやすいデザインを採用致しました。感性的な動きにも着目し、UIの直感的なトランジション、アニメーションにより、アプリから能動的に操作を促せる且つ、毎日使ってみたくなるようなUIデザインを設計しました。

    Output

    • トランジション、アニメーション設計
    • グランドデザイン
    • UIデザイン