10

スマホをレジに 楽しくスムーズな買い物体験アプリ

富士通株式会社

スマホをレジに 楽しくスムーズな買い物体験アプリ

3ステップのスマートフォン操作で完結する便利な買い物体験を消費者に提供する。
キャッシュレス決済のため現金を持ち歩く必要がなく、レジ待ちのストレスも解消。
オムニチャネル対応のひとつのパターンとして、スマートフォンアプリとeコマース基盤を連携した簡単
便利な新しい買い物の体験を実現。

SOLUTIONS
FLOW

  1. Step
    01

    仕様策定

    MVP開発に向け、ミニマムな機能にしぼり、新しいレジレスの一連の顧客体験を実現させるUXを定義。

    Output

    • 要件定義書
    • UXシナリオ
  2. Step
    02

    プロトタイプ作成

    一連の体験シナリオから必要機能を抽出し、ファンクションリストを作成、ワイヤーフレーム化。 プロトタイプ作成にむけ、機能開発を優先するが、限られた時間の中でデザインも製品版に近いアウトプットを目指し、ネイティブアプリのプロトタイプを実装。

    Output

    • ファンクションリスト
    • ワイヤーフレーム
    • GUI
    • iOSアプリのプロトタイプ
  3. Step
    03

    MVP

    プロトタイプを元に、実際の店舗で一連の体験が実現できるかを検証し、フィードバックを集める。 評価項目を定め、検証し、本開発に向けた課題感などを抽出しバックログを定義する。

    Output

    • フィールドテスト
    • バリューシナリオ評価シート
  4. Step
    04

    UIデザイン

    MVPにより得られたフィードバックを元に、本開発に向けた戦略を検討。 アプリとしての整合性を担保しながら、本開発に向けたUIの設計からデザインを制作する。

    Output

    • ワイヤーフレーム
    • GUI
  5. Step
    05

    実装

    本案件ではアジャイル開発を軸に、製品化に向けたiOS/AOSのネイティブアプリを実装する。各店舗での検証期間をアプリの開発段階の中でも検証フェーズを入念に計画し、先進的な技術を搭載するアプリにも関わらず、プロトタイプから半年たらずで製品化を実現させる。

    Output

    • iOS / AOSネイティブアプリ