04

リノベーション専門物件サイトへの流入設計及びUX/UIデザイン

株式会社コスモスイニシア

中古不動産物件情報サイトのUX/UIリデザイン

カスタマイズが可能なリノベーションによって中古マンション物件の価値が高まってきている影響を鑑み、中古不動産物件情報サイトとして運用してきたサービスサイト「RENONAVI」をリノーベーション専門店へとリニューアルさせるためのUX/UI設計支援プロジェクト。本件では、リニューアルに伴うサービスサイトのミッションを言語化し、プロジェクトメンバー全員が同じ目標に向かってリニューアルに取り組めるよう、サービスサイトミッションの言語化を支援するためのワークショップを実施。外部の開発プロジェクトメンバーと連携しながら企画からUIデザインまでをARCHECOが担当。本件ではターゲット戦略を鑑みながら、ターゲットペルソナの要求事項を明らかにした上で、クリエイティブディレクションのフレームワークである要求背景分析と問題要因分析を活用し、ワークショップを通してサービスサイトミッションの作成した上でUX/UIのリデザインに取り組んだ。

SOLUTIONS
FLOW

  1. Step
    01

    サービスサイトミッション策定支援

    ターゲット戦略を鑑みながら、都内の住まい探しにおけるターゲットユーザーが抱える問題点とその要因、また、要求事項とその背景を明らかにした上で、住まい探しの課題をワークショップを通して言語化。そのうえで、リノベーションマンション物件専門という強みとその強みを活かすための機会を明確にしながら、サービスサイト戦略上の最重要課題を検討

    Output

    • サービスサイトのミッション定義
  2. Step
    02

    ソリューション検討

    現行サイトのサイトマップを抽出し、ペインポイントを抽出。ペインポイントの重要度と策定されたサービスミッション達成の重要度を鑑みた上で、評価を行い、ソリューションアイデアブレストとアイデア評価を実施。また、アイデア評価によって抽出されたソリューションに基づく暫定リストを作成し、開発メンバーを交えた開発スコープを定義した上で、開発方針の策定を実施した。

    Output

    • サービスサイトソリューションリスト
    • 暫定サイトマップ及び機能リスト
  3. Step
    03

    UX設計支援

    策定された開発スコープと開発方針に基づく、to be 利用フローの設計を行った上で、画面区分を定義し主要画面のサイトマップを策定。また、サービスサイトを運用する上での当たり前機能をリストアップした上で、画面リストを策定。再定義された画面リストとサイトマップを理想利用フローに基づく遷移設計図を作成。また、主要画面における詳細機能リストを定義し、サービスサイト戦略に基づく各画面の役割とユーザーの要求事項を鑑みたUIポリシーを策定した。

    Output

    • サイト遷移設計図
    • サイトマップ
    • 主要画面の主機能リスト
    • UIポリシー
  4. Step
    04

    UIデザイン

    主要画面における詳細機能およびUIポリシーに基づくワイヤーフレームの作成、シードデータの洗い出しを行い、サービスサイトからユーザーに対して提示される情報と、ユーザーが触れる世界観の調和を鑑みたグランドデザインおよびUIレギュレーションを策定。これを開発メンバーを含むすべてのプロジェクトメンバーの実現目標と定義したうえで、主要ターミナル画面及びその他の下層画面の機能リスト、ワイヤーフレーム、画面UIデザインデータの作成を行った。

    Output

    • グランドデザイン
    • UIレギュレーション
    • 画面UIデザインファイル
    • 詳細機能リスト