03

kippo UX/UIデザイン

シェア様

kippo

写真を通じてペットとの日常を共有できるSNSサービスです。
ペットと過ごす日常を共有するだけでなく、ペットとお出かけするための施設情報や
便利な情報を取得することができます。
また、殺処分0運動や、里親募集情報など、社会的・環境的な背景にある問題を解決するための
社会貢献につながる活動情報を得ることができます。
これまでに無い、ペットが主体のSNSを実現させるため、HCDプロセスを導入し、
UX設計からUI設計まで担当させて頂きました。

SOLUTIONS
FLOW

  1. Step
    01

    ワークショップ

    ペットとの日常生活において、ペットを飼っている人同士でのコミュニケーションを魅力的に伝えられるための要件を洗い出しました。また、ペットとの日常生活における便利情報や、社会貢献につながる実現に向けて、ワークショップを実施致しました。社会的な問題背景、ペットを飼育する個人的な問題を定義し、最適なライフスタイルを創造するための根源的欲求を抽出し、メンタルモデルを作成しました。社会貢献につながる要素の抽出として、エコマップを作成し環境との関係性をモノ・コト・ヒトをベースに作成し、それぞれの繋がりにおけるUXコンセプトツリーを作成し、UXストーリーから機能要件となる要素を抽出・定義しました。

    Output

    • ワークショップ設計書
    • 価値要素分析レポート
    • エコマップ
    • UXコンセプトツリー
    • UXストーリー
  2. Step
    02

    UI設計

    ワークショップにて抽出した機能要件に伴い、サービス全体を構成するために必要な機能を定義しました。サービスモデルの成長に合わせ、実現できるロードマップを作成し、第一フェーズで必要な機能を選定。選定した機能を元に、UXストーリーの流れにそって機能を配置し、ワイヤーフレーム及びUIフローの設計を致しました。

    Output

    • ファンクションリスト
    • ワイヤーフレーム
    • UIフロー設計
  3. Step
    03

    GUIデザイン

    ペットとの日常生活における親しみやすさに加え、クライアント様のブランディングイメージを実現させるために、巧みに洗練されたデザインを目指しました。デザインを最大限魅力的に魅せるためにも、トランジション設計にも注力致しました。これまでにないペット業界における全く新しいブランディングを確立させるため、コンセプトを元にデザイン要件定義を明確化し、タイポグラフィからレイアウト、アイコンの細部にまで拘り制作致しました。

    Output

    • デザイン要件定義書
    • グランドデザイン
  4. Step
    04

    プロトタイプ

    魅力的にデザインを表現させるためのアニメーションをプロトタイプ致しました。ユーザビリティを損なわないよう、加速度1つまでこだわり、検証を繰り返しました。

    プロトタイプ