ARCHECO

ARCHECO

ARCHECO

UXデザイン アプリ開発Agile

アプリ開発でUI/UXデザインをしたい

アプリ開発の目的から要件を整理して、目的に沿えるアプリの設計を行います。魅力的なアプリを開発するために、
UXデザイン/人間中心設計の観点からユーザーに響く体験を導き出し、アプリの仕様に落とし込みます。
また、様々なアプリ(iOS、Android、Windows8など)のUI設計/GUIデザインの経験から、
ユーザーに魅力的な印象を与え、快適に使用できるUIを実現いたします。ご要望があればアプリの実装までサポートいたします。

SOLUTIONS FLOW

  1. 仕様の提案

    アプリ開発の目的を整理して、目的達成につながる要件を定義いたします。

    1. ヒアリング・要件定義
    アプリ開発の目的、経緯などをヒアリングして、アプリの要件を整理します。
    2. アプリ仕様検討
    要件をもとに目的に沿えるアプリの仕様を検討いたします。
  2. UI設計

    ユーザーが快適に使用できるUIを設計します。

    1. アプリケーション構造設計
    ユーザーのコンテクストを分析して、アプリケーション構造から設計を行います。
    2. 情報設計・ワイヤーフレーム作成
    ユーザーが迷わずアプリケーションを使えるように、人間工学に則って、画面に表示する情報とUIを選定して、配置します。
    3. UI仕様設計
    ユーザーが快適にアプリケーションを使えるように、人間工学に則って、インタラクションデザインとUI仕様設計を行います。
    関連するSERVICE

    UI設計/GUIデザイン

    UI設計/GUIデザイン

  3. GUIデザイン

    設計したUIに魅力を付加するグラフィックをデザインします。

    1. グラフィックデザイン
    アプリケーションに魅力的な印象が加わるように、グラフィックのデザインを行います。
    2. レイアウト定義
    デザインしたGUIを実装するために必要な情報として、タップ領域、ステータスの表示変化、カラーコード、フォントサイズ、書体、寸法、幾何拘束、アスペクト比対応などの定義を行います。
    3. パーツ制作
    アプリの実装に必要なパーツを制作します。
    関連するSERVICE

    UI設計/GUIデザイン

    UI設計/GUIデザイン

  4. アプリ実装(additional)

    設計したアプリのコーディングを実施します。

    1. コーディング
    ARCHECOのアプリ実装のパートナー会社と共にコーディングを実施します。