ARCHECO

ARCHECO

ARCHECO

ワークショップWorkshop

多角的な視点からユーザーのニーズを発見するワークショップ
ユーザーが本当に求めているサービス/アプリやプロダクトを導き出すために、ステークホルダーを集めて多角的な視点から
アイディアの発想や人々が潜在的に感じている価値の抽出を行います。確実にサービス/アプリやプロダクトの企画に落とし込むために、
UXデザイン/人間中心設計の手法を組み込んで、サービス/アプリやプロダクトの開発への道筋となるワークショップを設計します。

SERVICE FLOW

  1. ヒアリング・要件定義

    新しく企画するサービスやプロダクトに対するお客様のご要望や企画に至った経緯、経営課題、お客様の強みなどをヒアリングして、ワークショップで目指すべきゴールを定めます。

    Method
    課題抽出
    要件分析
    Output
    要件整理資料
  2. ワークショップ設計

    定めたゴールにたどり着くために必要な切り口やアプローチを分析して、必要なUXデザイン/人間中心設計の手法やARCHECO独自の手法などを選定・アレンジしながらワークショップのプログラムを構成します。

    Method
    市場動向調査
    コンテクストリサーチ
    メンタルモデル・ダイアグラム
    フォトエッセイ
    KA法
    KJ法
    アクティングアウト
    エスノグラフィー
    Output
    ワークショップ設計書
  3. ワークショップ実施

    ワークショップのプログラムに沿って、発想やディスカッションなどを行いながらサービス/アプリやプロダクトのもととなるアイディアや価値要素を抽出します。参加者が円滑に思考や発言を行えるように、ファシリテーションをしながらワークショップに適した環境作りを行います。

    Method
    メンタルモデル・ダイアグラム
    フォトエッセイ
    KA法
    KJ法
    アクティングアウト
    エスノグラフィー
    クロス集計
    なぜなぜ分析
    ブレインストーミング
    ファシリテーション
    Output
    ワークショップ結果
  4. ワークショップ結果整理

    ワークショップで得られたアイディアや価値要素、途中のアウトプットなどを整理して、レポートとしてまとめます。

    Method
    クロス集計
    Output
    ワークショップレポート
  5. UXコンセプト策定

    ワークショップの結果を分析して、共感性の高い悩みや欲求を、解消/充足できる新しい体験を導き出します。その体験の核となる要素を体験のコンセプトとして策定します。

    Method
    コレスポンデンス分析
    クラスタ分析
    コンセプト・ビジュアル
    Output
    UXコンセプト
  6. ユーザー体験設計(additional)

    UXコンセプトを実現するためにサービスやプロダクトが必要となるポイントを分析して、タッチポイントを特定します。そして、タッチポイントでの体験を成立させる要因を分析して、サービス/アプリやプロダクトに必要な要素を洗い出します。最後に、ユーザーの行動とタッチポイント、体験を成立させる要因を一つのアーキテクチャとして構築します。

    Method
    UXコンセプトツリー
    タッチポイント分析
    UXアーキテクチャ
    Output
    UXシーケンスモデル

関連するSOLUTIONS