ARCHECO

ARCHECO

ARCHECO

UXデザイン/人間中心設計USER TEST

魅力的なユーザー体験のデザインから始める、サービス/アプリ、プロダクトの企画
ユーザー数を獲得できるサービス/アプリやプロダクトを開発するために、人々が日常で潜在的に感じている価値や欲求を、
UXデザイン/人間中心設計のアプローチで分析して、ユーザーを獲得できる前提条件であるニーズを特定します。そのニーズを
満たす体験をコンセプトとして策定し、サービス/アプリやプロダクト開発の指針となるユーザー体験をストーリーとして描きます。

SERVICE FLOW

  1. ヒアリング・要件定義

    新しく企画するサービス/アプリやプロダクトに対するお客様のご要望や企画に至った経緯、経営課題、お客様の強みなどをヒアリングして、要件を整理させていただきます。

    Method
    課題抽出
    要件分析
    Output
    要件整理資料
  2. リサーチ・ニーズ分析

    お客様がターゲットとしている領域の歴史や現状、動向の調査を行います。調査結果をもとにターゲットとすべき体験を特定して、UXデザイン/人間中心設計のアプローチで、その体験の中に潜む価値や欲求を分析します。

    Method
    市場動向調査
    コンテクストリサーチ
    メンタルモデル・ダイアグラム
    フォトエッセイ
    KA法
    KJ法
    アクティングアウト
    エスノグラフィー
    Output
    体験分析レポート
  3. UXコンセプト策定

    リサーチ・ニーズ分析で抽出した価値や欲求を満たす要素を分析して、その要素から新しい体験を導き出します。その体験の核となる要素を体験のコンセプトとして策定します。

    Method
    コンセプト・ビジュアル
    プロダクトデザイン
    3Dモデリング
    Output
    UXコンセプト
  4. ペルソナ分析・競合分析

    UXコンセプトが響くユーザーの資質や行動特性を分析して、ペルソナを定義します。また、競合となりうるサービスやプロダクトが提供している体験の特性を分析して、UXコンセプトと比較することで、企画するサービス/アプリやプロダクトのポジショニングを行います。
    ※ペルソナを予め決めてある場合、ペルソナ分析は実施しません。

    Method
    ユーザー心理分析
    資質分析
    統計データ調査
    コレスポンデンス分析
    Output
    ペルソナ分析レポート
  5. ユーザー体験設計

    UXコンセプトを実現するためにサービスやプロダクトが必要となるポイントを分析して、タッチポイントを特定します。そして、タッチポイントでの体験を成立させる要因を分析して、サービス/アプリやプロダクトに必要な要素を洗い出します。最後に、ユーザーの行動とタッチポイント、体験を成立される要因を一つのアーキテクチャとして構築します。

    Method
    UXコンセプトツリー
    タッチポイント分析
    UXアーキテクチャ
    Output
    UXシーケンスモデル

関連するSOLUTIONS