ARCHECO

ARCHECO

ARCHECO

UI設計/GUIデザインUI/GUI Design

ユーザーが惹きつけられるUI/UXの実現
ユーザーがつい触りたくなるようなサービス/アプリやプロダクトを実現するために、UX/インタラクションのデザインからUI設計に落とし込みます。スマートフォンやタブレット、ウェアラブルデバイスのアプリ、WEBサイトなど、様々な分野でUI設計/GUIデザインの経験と知見があり、各種OS(iOSやAndroid、Windows8など)のガイドライン及び人間工学を考慮したUI設計/GUIデ ザインを行うことができます。

SERVICE FLOW

  1. アプリケーション構造設計

    ユーザーのコンテクストを分析して、実現したい体験に溶け込むUIのコンセプトを策定します。そして、UIコンセプトが成立するアプリケーション構造を設計します。

    Method
    コンテクストリサーチ
    UIコンセプト策定
    導線設計
    Output
    ファンクションリスト
  2. 情報設計・ワイヤーフレーム作成

    ユーザーが迷わずアプリケーションを使えるように、人間工学及びOSガイドラインに則って、画面に表示する情報(文字や図形など)とUIを選定し、配置を設計します。

    Method
    認知特性分析
    行動特性分析
    人間工学
    OSガイドライン調査
    Output
    ワイヤーフレーム
  3. UI仕様設計

    ユーザーが快適にアプリケーションを使えるように、人間工学及びOSガイドラインに則って、ユーザーの操作や使用状態に適したアプリケーションの挙動を分析して、インタラク ションをデザインします。そして、インタラクションをUI仕様に落とし込みます。

    Method
    認知特性分析
    行動特性分析
    人間工学
    OSガイドライン調査
    インタラクションデザイン
    トランジション設計
    フィジビリティ検討
    Output
    UI仕様書
  4. グラフィックデザイン

    ユーザーが魅力を感じ、使用したくなるように、色調や色彩、明度を調整して、感性的に惹きつけられるデザインをします。また、サービス/アプリやプロダクト、ワイヤーフレームとの相性や認知特性も評価して、調整を行います。

    Method
    デザイン・トレンド調査
    認知特性分析
    タイポグラフィ
    トランジションデザイン
    Output
    グラフィックデザイン
  5. レイアウト定義

    デザインしたGUIを実装するために必要な情報として、タップ領域、ステータスの表示変化、カラーコード、フォントサイズ、書体、寸法、幾何拘束、アスペクト比対応などの定義を行います。

    Method
    タイポグラフィ
    タップ領域定義
    アスペクト比対応
    Output
    レイアウト定義書
  6. パーツ制作

    GUIに挿入するパーツを制作します。挿入するパーツが美しく画面に表示されるようにアイコンデザインとピクセル割れの修正を行います。また、作業効率とユーザビリティ向上のために、OSガイドラインを調査して、OSで提供されているパーツは、OS標準のものを使用します。

    Method
    OSガイドライン調査
    アイコンデザイン
    ピクセル割れ修正
    Output
    パーツ

関連するSOLUTIONS