ARCHECO

ARCHECO

ARCHECO

プロトタイプ開発Prototyping

アジャイル開発/Lean UXのためのプロトタイプ開発
サービス/アプリの企画時に前提とした人々の価値観や欲求が、前提条件として正しいか検証するために、プロトタイプ開発を行います。
プロトタイプで確認したいところを正しく検証できるように、コンセプトを正確にプロトタイプに落とし込みます。

SERVICE FLOW

  1. ヒアリング・要件定義

    サービス/アプリのコンセプトや前提としている人々の価値観/欲求などをヒアリングして、プロトタイプの要件を定義します。必要があれば、UXデザイン/人間中心設計のアプローチでコンセプト策定から実施します。

    Method
    課題抽出
    要件分析
    Output
    要件整理資料
  2. 仕様検討・アプリケーション構造設計

    サービス/アプリのコンセプトを実現するために必要な要素を分析して、仕様に落とし込みます。検討した仕様からユーザーのコンテクストを分析して、体験に溶け込むUIのコンセプトを策定します。そして、UIコンセプトが成立するアプリケーション構造を設計します。

    Method
    コンテクストリサーチ
    UIコンセプト策定
    導線設計
    Output
    ファンクションリスト
  3. 情報設計・ワイヤーフレーム作成

    ユーザーが迷わずアプリケーションを使えるように、人間工学及びOSガイドラインに則って、画面に表示する情報(文字や図形など)とUIを選定し、配置を設計します。

    Method
    認知特性分析
    行動特性分析
    人間工学
    OSガイドライン調査
    Output
    ワイヤーフレーム
  4. UI仕様設計

    ユーザーが快適にアプリケーションを使えるように、人間工学及びOSガイドラインに則って、ユーザーの操作や使用状態に適したアプリケーションの挙動を分析して、インタラクションをデザインします。そして、インタラクションをUI仕様に落とし込みます。

    Method
    認知特性分析
    行動特性分析
    人間工学
    OSガイドライン調査
    インタラクションデザイン
    トランジション設計
    フィジビリティ検討
    Output
    UI仕様書
  5. ラピッドプロトタイピング

    ラピッドプロトタイプを作成して、検討した仕様やアプリケーション構造、ワイヤーフレーム、UI仕様で実現される体験が目指している体験とずれていないかを検証します。検証により問題箇所を発見し、改善されるように設計を修正します。

    Method
    アクティングアウト
    PowerPointアニメーション
    ペーパープロトタイプ
    ユーザビリティテスト
    エスノグラフィー
    Output
    ラピッドプロトタイプ
  6. グラフィックデザイン・パーツ制作

    ユーザーが魅力を感じ、使用したくなるように、色調や色彩、明度を調整して、感性的に惹きつけられるデザインをします。また、サービス/アプリやプロダクト、ワイヤーフレームとの相性や認知特性も評価して、調整を行います。そして、作成したグラフィックデザインから、パーツを切り出します。

    Method
    デザイン・トレンド調査
    認知特性分析
    タイポグラフィ
    トランジションデザイン
    Output
    グラフィックデザイン
    パーツ
  7. プロトタイプ実装

    プロトタイプを開発する目的に合わせて、実装のレベル感や必要な機能を特定し、必要最小限の実装を行います。

    Method
    Windows 8
    iOS
    Android
    タブレット
    スマートフォン
    ウェアラブルデバイス
    Output
    プロトタイプ

関連するSOLUTIONS