こんにちは、ARCHECOの広報、kimです!

カフェ風のオフィスをバックに、ドヤ顔でご挨拶失礼します。

弊社も原宿のデザイン会社ですので、お洒落なのは勿論のこと!
常にクリーンな環境で、お客様をお迎えしております。
(※実際にオフィスに来た時、デスク上の柿ピーの袋や、小汚いDMの束、少年漫画などを目撃したという方。
きっと、目の疲れによるイリュージョンです・・・。)

ところで、いつもは平和なARCHECOにも、最近大事件が起きたのです!

それは、一通の問い合わせメールから始まりました・・・。

※kimがPC画面をみて書きました(男子中学生のような画力ですいません)

ふむふむ、アプリの改善をご希望のようですが、メールの文面がざっくりしてるなあ。
お客様の情報も、名前だけでよく分からないし・・・。

まあ、一度お会いして話を聞いてみよう!ということになり、
迎えた打ち合わせ当日。

やって来たのは

まさかの、高校生キターーーーーーーーー!!!!!

ハジける若さの輝きに、おののくkim

部活で焼けた浅黒い肌がまぶしい、リアル男子高生だーーーーーーー!!!

これまで、大手企業からベンチャーと、様々なクライアントを相手にしている我らですが、
さすがに現役高校生のお客さんは初めて。

そもそも、高校生ってお金払えるのだろうか・・・?(汗)

色々な疑念が渦巻くなか、とりあえず、話だけでも聞こうと奥の部屋へ。


といっても、話を聞くのは私じゃありません。
私はあくまで広報という名の便所掃除係、コンサルティングやデザインなど専門外にございます。

相談に応じるのは・・・!

真剣にデザイン画を読んでいる、こちらの男性。

「デュフフフフ」

と思ったら、ヤンジャンかーーーーーーい!!!!!!しかもめっちゃエロい目してるぞ。

額に汗して働く社員の傍ら、ヤンジャンをむさぼり読んでいる、この漢。

代表の、須斎です!!!!!!

kim「ちょっと須斎さん!まさか高校生が来ちゃいましたよ!」

「ああ〜ん?」

kim「なんでガン垂れてるんですか!さあ、奥の部屋に行って!」

(しぶしぶ腰を上げる須斎)


・・・はい。

とんでもない代表紹介になりましたが、


巻頭グラビアで鼻の下を伸ばしていた須斎も、ことデザインに関しては、"鬼”になります。

美しさのクオリティを追求するのは勿論のこと、ビジネス的にも結果を出すデザインをアウトプットすることに、徹底的にこだわります。

クライアント様がどんなにお偉い方であっても一切態度を変えずにズバズバとモノを言うので、 こちらはいつもヒヤヒヤするのですが。

とはいえ今日のお客さまは、ヤングもヤングな高校生!
うら若き10代が相手なのですから、鬼の須斎もここは柔らか〜くなり、
大人の優しさと余裕をみせることでしょう・・・!

三宅「こんにちは、三宅といいます!今日は、僕の考えたアプリを、御社に売り込みにきました。」

須斎「・・・。」

須斎「実に面白そうですね。」


kim「あ、あれ・・・?(もう鬼スイッチ入った、、のか?)汗」

→エリート高校生が原宿のデザイン会社に殴り込んできた話【その②】へ続く!→
近日公開予定です。お楽しみに〜!